スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

smoking jacket

こんにちは、京都 御幸町の古着屋BMC(バンプキン×モンキーチョップ)です。

暦の上で「大寒」。

お年玉も底をついて、懐も大寒な時期かと思いますが、

日々なにかしらのフレッシュ商材を投入してっておりますんで、

お近くに来られた際は、ふらっとお立ち寄りいただければと。

では、さっそく。

BMC 2nd店から今日のです。


















002_2014011516150940d.jpg


コチラ。



















028_20140115161510600.jpg


30's~40's頃の「smoking jacket」・・。

所謂、夜にタバコを吸う時のくつろぎ部屋着として、

この当時流行ったジャケット、というなんともアメリカらしいヴィンテージ服。



















034_20140115161511bbf.jpg
041_20140115161513236.jpg


歴史を辿ると1800年代後半まで遡るわけなんですが、

本来、男性の夜の礼装といえば、テイルジャケット(燕尾服)で、

そのジャケットを着て、部屋でタバコを吸いながら、くつろぎやすくするために

燕尾服の裾を短くカットしたのがこのスモーキングジャケットのはじまりで、



















043_20140115161514fd9.jpg
048_20140115161611695.jpg
044_201401151616133f8.jpg


現在のタキシードの原型にあたり、

この裁断、テーラリング技術がスーツを生んだ、と言われてるわけなんです。

ウールの一枚仕立てでありながら、

この凝ったデザインと丁寧な造りから、それも頷けるかと。



















054_20140115161615ba4.jpg
070_20140115161616dad.jpg
079_2014011516161889b.jpg


それにしても、この旧さでいて

虫食いなども見当たらないコンディションの良さもさることながら、



















097_201401151616445a1.jpg


ここまでのグッドサイズのモノとなると、

そうそう出遭えるチャンスも少ないはず。

落ち着いた配色なので、意外とスンナリ着こなせるかと。

タバコを吸う時だけではもったいないので、

スウェットにジーパンいった普段の街着のジャケットとして、

はたまた、きれいなシャツにプレスの効いたパンツと合わせたりして、

ちょっとしたパーティにも使えそうな逸品でございます。













                                 Size    34~36

                                 着丈    約69cm

                                 身幅    約50cm


                                 HOLDになりました。ありがとうございます。

















       お問い合わせ         BMC 2nd       (075)255-9125



















Facebook

Web Store
関連記事

テーマ : 古着 【USED CLOTHING】
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BMC

Author:BMC
BMC本店
〒604-8076
京都府京都市中京区御幸町通三条下る海老屋町324岡本ビル2F    
TEL 075-211-5722

BMC 2nd
〒604-8061
京都府京都市中京区寺町通蛸薬師
西入る伊勢屋町266-1-1F
TEL 075-255-9125

OPEN 11:30 CLOSE 20:00

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。